PE(早漏症)をクリニック以外で克服

PE(早漏症)というのは、できる限り人に隠しておきたいものです。
もっとも、大っぴらにする人は、まずいないでしょう。
知っているのは、パートナーくらいです。
他に知り得る人がいるとしたら、PE治療のためにクリニックに通った場合のクリニックの人たちです。

確かにクリニックに通えば適切な治療を受けることができます。
しかし、やはり治療であってもPEであることを人に知られるのは嫌なものです。
PE以外に性病なども同じく人には知られたくないものでしょう。
しかし性病の中でもクラミジアは日本で最も感染者数が多い性病なのです。
放っておけば症状は悪化しますので早めの治療が必要ですが、人に知られないように治療する方法としてはネット通販で薬を購入する方法です。
通販で薬を購入すれば病院へ行かずに、誰にもバレずにこっそりと治すことができますよね。

同様にPEもクリニックに行かずに克服する方法があるのです。
もちろん、クリニック以外の機関に通って治療を受けるという方法ではなく、自力で克服する方法です。

まずは、薬で克服する方法です。
通常、クリニックでも薬を使って治療を行います。
但し、クリニックで治療に用いる薬は、医師の処方箋がなければ入手できない薬です。
ですから、街中の薬局やドラッグストア等では購入できないのです。

ただ、薬やサプリメントの個人輸入を代行するストアがあり、そこならば、処方箋なしで薬が購入できるのです。
ですから、そういったストアでPE治療薬を購入すれば、クリニックと同じような治療を自ら施せることになります。

薬に頼らない方法もあります。
PEの主な原因は心理的なものです。
ですから、心理面を強化できれば、多くのPEは克服できるのです。

心理面強化というと大げさに聞こえますが、そんな大層なことではないのです。
簡単に言えば、練習をすれば良いのです。
何事も練習をしなければ結果は得られないものですが、PEも同じなのです。

練習は自慰行為で行います。
自慰行為をする場合、早く快楽を得たいものですから、早く射精するようにしてしまいがちです。
しかし、そうするのではなく、射精しそうになったらやめる、もしくは押さえる等して射精を遅らせるのです。
そうすることで射精までの時間が長くすることができます。

また早漏を解消した後に安心して性行為をしていても性病の危険は潜んでいます。性病で代表的なクラミジアは簡単に感染してしまうので、細心の注意を払いましょう。

■天然成分配合で副作用の心配が少ない治療薬
ペニソール