科学的根拠があり早漏症に効くPE治療薬と併用禁忌薬

早漏症を隠しながら、恋愛や結婚生活を送る事は大変つらい事です。
男性としてプライドが痛みますし、女性からセックスのリクエストを受けても、毎回憂うつな気分で応じなければいけません。
また世間一般には男性はセックスを好む、といった意見があり、女性からのアプローチを断る男性は恋人や妻から不思議な目で見られる、といった懸念もあるのです。

場合によってはただ早漏症を隠すためにセックスを拒否している事が、女性から浮気だとみなされる事もあり、あまりにもセックスレスが長期化している場合は、対策が必要となるでしょう。
余談ですが欧米諸国ではセックスレスが正当な離婚理由として認められており、セックスに応じない男性は慰謝料を請求されます。

早漏症を克服するためには、科学的根拠が伴ったPE治療薬が効きます。
科学的根拠がないペニスを締め付ける道具は、身体にダメージが及びますので、一般男性には非推奨です。
早漏症を治す科学的根拠は、とても単純明快であり、PE治療薬に含まれる抗鬱薬の成分が、早すぎるオーガズムの原因である平均以上の興奮を上手く押さえつけてくれます。

抗鬱薬にも使われている安全な成分がPE治療薬には用いられており、性欲をセーブしたり、射精機能を奪い去るような危険なデメリットはありませんので、服用は多くの成人男性が進められます。
ただ、PE治療薬には一部、併用禁忌薬がありますので、それだけは注意しましょう。
既にメンタルクリニックから抗鬱薬をもらっている方は、PE治療薬との併用禁忌薬に該当しないか、主治医に確認したいところです。

PE治療薬と抗鬱薬の中身は非常に似ており、同時に似たような成分と一度に摂取してしまうと、
過度にうつ病を抑制する働きが生じ、重大な副作用に遭遇しかねませんので、それらは同時利用が危険な併用禁忌薬として扱われています。